クレンジング

クレンジング剤はメイクに合わせて選ぶのが吉

 

スキンケアやメイクアップに気づかう人も、ことクレンジングについては「とりあえずoffできればイイ」とおざなりになりがち、とちまたではよく言われています。

 

まさしく私もこれで、スキンケア商品やベースメイク選びには時間をかけていましたが、クレンジングはひたすらメイク落としの効果が高いものを選んできました。

 

ところが最近、乾燥して肌荒れが目立つようになり、化粧水等のスキンケアを肌にやさしいタイプに変えたり、またベースメイクも薄めにしてみましたが、一向に調子が良くなりません。

 

「これって老化かも」と落ち込んでいましたが、あるネットの記事を読んでもしかしてコレでは?とピンとキタのが、クレンジング剤のタイプです。

 

実は私は長年、オイルタイプのクレンジング剤を使用していました。それというのも、「1番キレイにoffデキる=肌に良い」と思い込んでいたからです。

 

しかし、これは間違いだとか。確かにオイルタイプはメイクoff効果は高いですが、反面界面活性剤や油が多く含まれているため肌に負担がかかりやすく、乾燥を招きやすいのだそうです。

 

本来、クレンジング剤はメイクに強さによって使い分けるのが正解で、さほど濃くないメイクなら弱めのタイプで充分。

 

私は元々しっかりメイクはあまりしないので、オイルタイプは必要なかったのですね。そこで弱めのミルクタイプに変えたら、これが大正解!お肌しっとり、乾燥知らずになりました。

 

 

 

リキッドタイプのファンデーションとオイルタイプのクレンジング剤

 

私は最近、メイクの時にリキッドタイプのファンデーションを使うようにしているの。

 

パウダータイプのファンデーションと違って、リキッドタイプのファンデーションは、クリームのように顔にスーッと塗ることができるから、メイクの時間が短縮されるのね。しかも液状だから、シワの中に入り込むことで、シワを埋めて目立たなくしてくれるんだ。肌にしっかりとくっつくから、化粧崩れも起こりにくいしね。

 

でも、しっかりとくっつくということは、クレンジングには手間がかかるということだよ。簡単にははがせないし、シワの1本1本まで丁寧に洗う必要があるしね。

 

だから私は、今はオイルタイプのクレンジング剤を使っているよ。リキッドタイプのファンデーションもオイルで作られているから、オイルタイプのクレンジング剤とはすごく相性が良いの。

 

これを手につけてから顔に触れると、リキッドタイプのファンデーションが顔からはがれて、手にくっつくんだ。そのくらい相性が良くてくっつきやすいから、これで顔を洗うと、すごく簡単にクレンジングができるんだよね。

 

おかげで毎日、シワの中まで丁寧にクレンジングできているよ。これから年をとって、もっとシワが増えたら、今以上にリキッドタイプのファンデーションを使うことになると思う。だからオイルタイプのクレンジング剤とも、長い付き合いになりそうな気がするよ。

 

クレンジング関連サイト

更新履歴